2007年10月07日

ティアラの誕生日

今日はティアラの誕生日です。
お陰様で3歳になりました〜♪

せっかくの三連休なのですが、ヒート中なので外に出してあげられることが出来ません。
最近、ショップでシャンプーをしてしまうことが多かったのですが、今日は家でシャンプーをしてあげることにしました。ヒート中のせいか、非常に眠たそうな顔をしています。

071007-1.jpg

071007-2.jpg


さて久々の更新になりますが、ワンコたちは毎日元気にやっています。
食も進んでいるし、元気に走り回ってる。
また時期を見て、旅行にでも連れて行きたいな〜。

私事ですが、最近ここの日記更新が出来ずにいる理由・・・。
すっかりセカンドライフにハマってしまって、連日遅くまで遊んでるからです。
それから、ゴルフスクールにも通い始めてしまったので、なかなか時間が取れずにいます。
たま〜に更新する程度になるかと思いますが、よろしければ見てやって下さいね。
posted by あいしぇ at 00:00| ティアラ日記

2007年08月26日

北海道の夏

8月15〜19日まで、北海道旅行に行って来ました。
今回ワンコたちはお留守番。
両親、弟夫婦、甥っ子と私の計6名です。
旭川から南下して美瑛・富良野を周り、札幌の叔母の家に行く行程になります。

涼しさを求めに行ったのに、北海道は何故か暑かった。
本州と変わらない程の気温に、私達もグッタリです。

旭川空港に降り立った私達は、まずレンタカーを調達。
そこから「旭山動物園」に向いました。
噂通りの動物園で、大勢のお客さんが来場していたので、「北極熊」「アザラシ」「オランウータン」だけにポイントを絞って見ることにしました。

070826-1.jpg

070826-2.jpg


「北極熊」は、この暑いのに水の中に入っておらず、地上でのんびり。
「アザラシ」は、筒状のトンネルを何回か行ったり来たりしていましたが、写真を撮るタイミングがとれず、良い写真を残すことが出来ませんでした。
「オランウータン」は、なんとかこの日は綱渡りを見せてくれましたが、渡らないこともあるんだとか。

3箇所巡り終えた頃、突然の大雨。
動物園を後にし、既に昼時を迎えていたので、旭川駅周辺でラーメンを食べに行きました。
私は、塩味のラーメンを食べたのですが、なかなか美味しいラーメンでした。

食事を済ませた後、少しだけ寄り道をして美瑛に向いました。
明日は雨が降るかもしれないとの話しから、天気の良い日に美瑛の丘を見ておきたかったのです。「ゼルブの丘」では、カートに乗って、園内を観光出来るのですが、カートに乗ろうとした時にまたもや雨。だけど、一時的だったようですぐにやんでしまいました。
周り一面に花々が咲き、なだらかな丘陵と色彩豊かな光景に癒されました。

070826-3.jpg


今日宿泊するところは、大雪山にある最近出来たばかりのホテルです。
しかし、ここにはクーラーというものが無かった。あるのは扇風機のみ。
汗でベタベタになった体を、温泉に入ってサッパリとさせてきてはみたものの、部屋に戻るとまた汗が出てきてしまう。夜も寝苦しく、朝起きたら汗でビッショリになっていました。
温泉と食事は大満足でしたが、クーラーが無かったのが残念でした。

翌日は、予想通りの雨。
小雨になるのを見計らって、観光スポットをいくつか巡ってきました。

070826-4.jpg
↑ケンとメリーの木

070826-5.jpg
↑セブンスターの木

070826-5.jpg
↑ひまわり畑


この間行ったハワイで、「この木何の木」を見た時もそうでしたが、木に群がって喜んでいる姿がちらほら。私達もそうだけど、なんだか面白いですね。

ランチは、美瑛にあるシチューのお店。
とても人気のある店なのか、順番待ちをしてやっと食べることが出来ました。
あつあつのシチューは、とても美味しかったです。

070826-7.jpg


今日は新富良野プリンスに宿泊です。
実は、同期入社の友人が、嫁いで富良野に住んでいるので、少しだけでも会えないかと連絡を取り合っていたのですが、家族総出でホテルまで遊びに来てくれたんです。
2年振りの再会。子供たちも随分と大きく成長していました。

翌日は、ホテルでのんびりと過ごした後、札幌の叔母の家に向かいました。
叔母の家に行くと、連日大ご馳走。
カニづくしの料理や、ニセコ方面に足を伸ばしてフレンチを食べに行ったり、北海道の郷土料理を堪能してきました。

070826-8.jpg
↑マッカリーナ(真狩村にあるオーベルジュ&レストラン)

070826-9.jpg
↑カニと新鮮なお刺身


おそろしくて、未だに体重計には乗っていません(^^;)
posted by あいしぇ at 00:00| あいしぇ日記

2007年08月06日

セカンドライフに挑戦!

『セカンドライフ』ってご存知ですか?
実は最近、友人のmi071472さんから、面白いものがあるよと教えてもらったのがきっかけで、一緒に始めることになりました。

『セカンドライフ』は、3Dオンラインスペース(仮想空間)の中で、自分自身の分身(アバター)を作り上げ、そこで生活をしたり、冒険に出たり、会社を興したりなんてことが出来るもので、単純にゲームという感覚のものではありません。
もともと『セカンドライフ』の運営は、米国にある企業が行っていて、欧米で急成長。
最近になって、日本語ベータ版が公開されたことで、日本人である私たちも利用がしやすくなりました。

まだビギナーである私たちの『セカンドライフ』での日常は、友達と出会い、会話をし、お酒を飲んだり、買物をしたり、時にはイベントで沢山の人と交流を深めたり、お金を稼いだり、お気に入りの人とデートをしたりといったものになります。
この世界での通貨もあって、それはなんと米ドルへの換金が出来るものになっています。
現実の世界とは違う、仮想世界でのもうひとつの生活、それが『セカンドライフ』です。

7月23日に始めたので、今日でちょうど2週間になりますが、お陰で沢山のお友達が出来ました。

070806-1.jpg
↑いつも仲良し4人組


世界規模の仮想空間なので、日本人だけではなく、諸外国の方々もこの世界の中にいます。
時折「Hello」とか「Hi」と声をかけられると、英語が苦手な私は、「Japanese only!」で通してしまいますが、意外にもあっさりと引き下がってくれず、しばらくつたない英語を披露しなくてはなりません。英語を(それ以外の言葉でも)勉強してみたい方にはいいかもしれません。

また、この仮想世界には、実際にある地名の場所が存在していて、その地域の運営は、企業や個人で行ったりしています。また、実在する企業がお店を出していたりもします。
8月3日〜5日まで、ある町のお祭りがあったので、私たちも参加してきました。

070806-2.jpg
↑最初は真面目に盆踊りを楽しんでいるのですが・・・

070806-3.jpg
↑お祭りも終盤になると、何でもありの状態に

070806-4.jpg
↑お祭りの後は仮設クラブでダンス、ダンス♪トトロも登場?!


まだまだわからない事ばかりだけれど、住人の方たちはとても親切に教えてくれるので、とても助かっています。これからもっともっと沢山のお友達が出来そうです。
posted by あいしぇ at 00:00| あいしぇ日記

2007年07月21日

ワンコのプール開き

この間、弟夫婦と近くのド○キホーテに行ってきました。
季節がら、海・山などのリゾート地で使用するようなグッズが、沢山ありました。
私は、何かを買うという目的で入った訳ではないのですが、ある物に釘付けになってしまいました。

この季節がやってきて、以前から欲しかったもの。
それは・・・ワンコ用のプールです。
ワンコ用と言っても、ワンコ用として売られている物ではなくて、子供サイズ用のプールになるのですが、私が釘付けになってしまったのは、「空気を入れなくて良い」という広告文。
子供用のビニールプールって、空気を入れる作業だけで汗だくになってしまいます。
空気を入れなくて済むのであれば、大変助かるし、小さく畳めば収納も楽になります。
即効、お買い上げ〜。

店内で別れた弟夫婦たちと合流したら、義妹が片手にチラシを持って何かを探しています。
何を探しているのかとチラシを覗き込むと、私がワンコ用に買ったものと同じ商品を指差していました。弟夫婦たちは、Hくん(私の甥っ子)のために、プールを買ってあげようと思ったのだそうです。同じ物に興味を惹いたので、思わず笑ってしまった位です。

商品は「Fill N' Fun Pool」というインポート物のプールで、大・中・小とサイズがいろいろ揃っています。私がワンコ用として買ったのは、直径152cm×高さ25cmと比較的大きめな作りになっています。子供だと3人位が入れる大きさです。

弟たちは、子供と自分らが一緒に入れるようにと、一番大きなプールを購入することにしました。
こちらは、直径244cm×高さ46cmになります。
弟たちのマンションでは、いくら簡易型のプールとはいえ、この大きさのプールをベランダに出すことは出来ないので、もっぱら我が家のベランダで使用する事を考えていたようです。

楽天でも探してみたのですが、同じ商品はありませんでした。
違うメーカーのようですが、空気を入れないタイプのプールがあったので、こちらを掲載します。



昨日あたりから、曇ってはいるものの、ムシムシとした一日が続いていたので、今日は早速プールを出して、ワンコたちと遊んでみることにしました。
まず箱からプールを取り出します。
クルクルと丸められたプールは、折りジワがついてしまっていたので、広げると壁となる部分が内側に倒れこんできてしまいます。それを防ぐため、早速水道水を注入。
水かさが増すごとに、ちゃんとした形になっていきました。

水温はもう少し高い方が良いのかもしれませんが、お湯を加えるのも大変そうだし、ベランダの熱で多少は温かくなるだろうとの判断で、水かさ5cm程度入れたあたりで、比較的水慣れしているティアラの方から入れてみることにしました。

抱っこしてプールに入れようとしたら、少し緊張しているのか、足をバタつかせていました。
しかし、無理やり着水!水かさが浅いせいもありますが、たいした事ないとわかったのか、ティアラも落ち着きを取り戻しました。

今度はプールの中にワンコ用のおもちゃを入れて上げました。
ホースで水を少しづつ足していたので、プカプカと浮いているおもちゃが、ゆっくりとプールの中を動き始めます。それを見ていたティアラは、おもちゃの後を追って、グルグルと歩き始めました。
その光景がなんともかわいくて、ついつい写真を撮ってしまいました。

070721-1.jpg

070721-2.jpg

070721-3.jpg

070721-4.jpg


ティアラをしばらく遊ばせた後、次はゲンキを入れてみることにしました。
しかし・・・ゲンキはシャワーが大の苦手。
シャワーで水が襲ってくる感覚とプールは違うので、大丈夫かな?と思いながら、おそるおそる入れてみることにしました。

おとなしく浸かってくれていたのもつかの間、数秒後にはプールの壁面にマーキング。
おまけに、ゲンキの跳躍力では、プールの高さ25cmは軽々飛び越えてしまえる高さで、すぐに逃げ出してしまいました。
残ったのは、プールの壁から黄色みを帯びた液体が水面に広がっていく光景でした。
(ぬぉーーーーーーーーーっ)一枚も写真が撮れなかったよ。

仕方なくゲンキの写真は諦めて、今度はプールの清掃。
水の入ったプールは案外重く、少しづつ流しながら、ゲンキが汚した部分を洗い流しました。
このプールは、ティアラ専用になりそうです。
posted by あいしぇ at 00:00| ティアラ日記

2007年06月24日

今年の「うちわ」

2週間程前に、久々に40度という熱を出してしまいました。
扁桃腺が腫れて、熱・咳・鼻水・痰・気管支ムズムズという症状。
病院に行って薬をもらってきたので、熱は下がりましたが、熱意外の症状が緩和されず、結局明日で2週間目に突入してしまいます。
会社でも流行ってて、私と同じ症状の人が沢山いました。
どうやら今回の風邪は、かなり長引くそうです。

そんな事もあって、ブログはおろかゲーム(DS)すらまともに出来なかったのですが、ここ最近やっと楽になってきたので、毎年恒例の「うちわ作り」に取り掛かりました。
今年は、ティアラ&ゲンキバージョンの他に、甥っ子の写真を使ったうちわも作りました。
甥っ子(Hくん)が持つのに丁度良いサイズの、小さなうちわも作ってあげました。

今年のティアラ&ゲンキバージョンのうちわは、こちらで〜す。

070624-1.jpg


昨年夏に行ったひまわり畑で撮った写真を使ってみました。
これからの季節にピッタリでしょう♪

今日は2匹ともシャンプーしに行ってきました。
2匹とも「耳が汚れています」というコメントが書かれてあった。
お手入れを、きちんとしてあげなくちゃ。

070624-2.jpg
↑この写真はショップから頂きました。

070624-3.jpg
↑この写真はショップから頂きました。


今は、2匹揃ってお食事タイム。
キレイ、さっぱりして気持ち良くなったね♪
posted by あいしぇ at 17:59| 手作り物

2007年06月10日

初!岩盤浴体験

金曜日の夜に、従姉妹の家に遊びに行ってきました。
2月にハワイへ一緒に行った、りささんです。
実は先週も会っていたのですが、その時に渡してもらうはずのライブチケットを、もらい忘れてしまったので、遊びに行きついでに、チケットをもらうことにしました。

金曜日の夜、麻布十番にある「レインボーロール・スシ」で待ち合わせ。
私は仕事の都合で、30分程遅刻をしての到着になりました。

このお店には、随分前に行ったことがあったのですが、しばらくぶりになります。
ロール状になった創作寿司のお店で、店内もオシャレ。
来ている客層も、場所がら外国人が多い所です。
マンハッタン・ロール、あなご姿ロール、アラカルトなどなど、どれもとても美味しかったです♪お酒もそれぞれ2〜3杯づつ位は飲んだかな?
店を出る頃には、店内は超満員になっていました。

土曜日の午前中に、従姉妹行きつけの岩盤浴に一緒に行くことになっていたので、今夜は、久々に従姉妹の家でお泊りです。
従姉妹の家に着いて、忘れないうちにライブチケットを受け取りました。
7月に行われる「情熱大陸」のライブチケットです。
これも、今から楽しみです。

従姉妹の実家から送られてきた「じゃがいも焼酎」や「梅酒」を飲みながら、おしゃべりをしたり、ゲームをしたりして過ごしました。

翌朝、美味しそうな匂いで目が覚めました。
料理好きな従姉妹は、私のために朝食兼昼食を作ってくれていました。
以前泊まりに行った時も、彼女の手作り料理を堪能していたので、実は今回も期待していたのです。テーブルに並んだ料理は、とても手がこんでいて、どれも美味しそう♪

070610-1.jpg
↑エビとオクラと半熟玉子のパスタ

070610-2.jpg
↑オニオンスープ

070610-3.jpg
↑冷しゃぶとトマトマリネ


ね〜どれも美味しそうでしょう。
実際どれも美味しくて、大満足でした。
りささん、朝早くから支度してくれて、ありがとう♪

そして、待ちに待った岩盤浴です。
私は、岩盤浴は初体験になります。
どんな感じなのかな?と緊張と興奮が入り混じった面持ちで、昨日行った麻布十番にある「ROCHE.B」まで行きました。オシャレな店内、さすが麻布!

着替えるために更衣室に案内されました。
既に更衣室の中も熱気でムンムンとしています。
各ロッカー内には、バスタオルや岩盤浴用の服が用意されてます。
私たちも着替えて、早速スタート!

基本的なルールは、熱い岩板の上にバスタオルをひいて、うつ伏せで5分、仰向けに10分、
そして5分のクールダウン。これを3回位繰り返すそうです。
うつ伏せ5分の時点で、既に大量の汗が出てきました。
頭上には、酸素を出すホース状の物が出ていて、息苦しさはこれで解決出来ます。

まずは、1クール。
大量の汗が顔から体から出てきて、もの凄い発汗作用です。
お客さんは私たち以外いなかったので、ほとんど貸切状態。
15分間は、ただひたすら汗を出すことに集中していたので、ほとんど会話もなく過ぎて行きました。そしてクールダウン。
5分の休憩は、冷たいお水を飲んで、ほっと一息つける時間です。

2クール目。
15分の発汗は、何もする事がないので、だんだんと飽きてきてしまいました。
酸素のホースをいじってみたり、体の位置をずらしてみたり・・・。
寝てしまうことが出来れば良いのですが、この何もしない時間が、妙に長く感じられました。

3クール目。
さすがに疲れも出てきたので、仰向け10分を5分に短縮することにしました。
3クールを終えた私たち。
まるで体から湯気が出ているかのような感じでした。
顔も真っ赤に火照っています。
イメージとしては、蒸し焼きにされたような感じと言うのでしょうか?

まだまだ汗がひかない状態ではありましたが、着替えてテラスに行きました。
90分間の入浴とは別に、テラスにあるカフェで、ハーブティーとクッキーのサービスがあるのだそうです。テラスに出て、外の風を受けながらのヒーリングタイム。
おまけに、通常はハーブティーとクッキーだけなのに、今回はサービスでリンゴ酢とPETボトルの水も頂きました。一息ついた頃、なんだか体が軽くなったような気分になりました。
スポーツをし終えた後の、開放感・満足感みたいな感覚です。
頻繁に利用する事は無いかも知れませんが、ポイントカードを作ることにしました。
また機会があったら、行ってみたいと思います。

りささん、お世話になりました。
また、遊びに行くね〜♪

日曜日の今日は、朝から雨。
さっきまで雷が鳴っていました。
今日は、近くの映画館に「パイレーツ・オブ・カリビアン3」を観に行ってきます。
posted by あいしぇ at 00:00| あいしぇ日記

2007年06月03日

木の下に集合♪

今日はワンコたちを連れて、舎人公園まで遊びに行ってきました。
初めて行く公園だったのですが、とても広くて整備がされた公園でした。
公園内にはドッグランもあります。

両親と私、ティアラとゲンキの予定でしたが、弟たちにも声をかけたら、一緒に行きたいという話になり、現地で待ち合わせをする事にしました。
弟たちが来ても探しやすいように、公園事務所の目の前にある木の下にシートを広げ、まずは私たちの腹ごしらえ。しばらくすると、弟たちもやって来ました。

弟たちが到着。
甥っ子もベビーカーに乗ってやって来ました。
義妹のご両親も遊びにくることになり、木の下に私たち3人、弟たち3人、義妹のご両親2人、犬2頭が集まって、随分と賑やかになりました。
ワンコたちも、かわいがってくれる人が増えて、大喜びです。

070603-1.jpg

070603-2.jpg


しばらく歓談した後、ティアラとゲンキを連れて、ドッグランに向いました。
大型犬用と小型犬用に分かれているので、安心です。
人手も多く、沢山のワンコたちがいます。
ティアラとゲンキを放すと、ゲンキは一目散にティアラのもとへ。
ゲンキはティアラが大好きで、ティアラしか目に入らない様子。
せっかくドッグランに来ているのだからと、弟たちはゲンキをティアラの元から放し、少し離れた場所で遊ばせる事にしました。

ティアラは、気になる子を見つけては近寄るのですが、しつこいワンちゃんには思い切り抵抗します。この間、家の近くにある大型ショッピングセンターまで散歩をした時に、しつこいワンちゃんに追いかけまわされ、私はティアラのリードでグルグル巻きにされてしまったことがあります。今回はリードをはずしていたので、それはありませんでしたが、私たちの足元にいる事が多かったです。

070603-3.jpg

070603-4.jpg


この季節の公園は、とても気持ちが良いものですね。
気分もリフレッシュ出来る、そんな一日になりました。

先月末にシャンプーしに行った時の写真はこちら。
ゲンキは、ティアラの方をチラチラと見ていたんだそうです。

070603-5.jpg
↑ペットショップで頂いた写真です

070603-6.jpg
↑ペットショップで頂いた写真です
posted by あいしぇ at 00:00| ティアラ日記

2007年05月21日

上海!今と昔が混在する街

今日は帰国する日になりますが、飛行機が夕方の便だったので、時間まで遊びに行くことにしました。ホテルから分乗して車に乗り込み、「田子坊」という所に向いました。
ここは最近注目を集めている所らしく、デザイン性のある店が路地の両脇に、点在しています。
日本でいえば、代官山とか、下北沢みたいな雰囲気。
昔ながらの家並みを残しつつ、その中にも新しさがあるような所でした。

070521-1.jpg


ここでもお買物。
私は、履いてきたサンダルで足が疲れていたので、中国らしい靴を買うことにしました。
小学校の頃に履いていた運動靴のような感じなのですが、刺繍が施されていてかわいい♪
早速履き替えたら、とても楽になりました。

かわいい親子猿のぬいぐるみを見つけたので、それも買ってしまいました。
ちょっと、ハワイっぽい雰囲気の柄だけど、猿の表情が中国っぽい雰囲気を出してます。
他にもTシャツとか、甥っ子の靴とかを買いました。

070521-2.jpg

070521-3.jpg


気がつけば、あっという間にお昼になっていました。
ホテルに戻り、空港へ向う迎えの車が来るまで食事をすることにしました。

時間になって、迎えの車が到着。
Wちゃんのご両親は、しばらく上海に滞在した後、日本に帰国するそうなので、Wちゃんのご両親とSさんとは、ここでお別れになります。

大変お世話になりました。
あちこち連れて行ってくれたり、美味しい料理をご馳走して頂きました。
至れり尽くせりの内容で、大満足な旅行になりました。
本当にありがとうございました。
今度は日本でお会いしましょう。
私たちの乗った車が見えなくなるまで、ずっとずっと手を振り続けてくれました。
posted by あいしぇ at 00:00| あいしぇ日記

2007年05月20日

上海で買う、食べる、遊ぶ、癒される

昨日の披露宴疲れもあり、今日は私も母も朝食を採らずに、ゆっくり寝ていました。
10時30分頃、ご両親とSさんがホテルに来て、今日は上海観光とお買物をすることになりました。まず、「豫園」に向います。
何の情報も持たないまま行ったのですが、庭園が素晴らしい所だという事で、観光客で大変賑わっていました。面積もかなり広く、全部見て周ったら一日かかってしまうのではないかと思える程です。

070520-1.jpg

070520-2.jpg

070520-3.jpg

070520-4.jpg


「豫園」と隣接しているのが「豫園商城」という所で、老舗レストランや商店がぎっしり立ち並ぶ、さながら浅草を思わせる雰囲気の所があります。午後はここでお買物をする予定だったので、「豫園」は一部分だけ見ることになりました。

途中で、(無料で)お茶を飲ませてくれる所に立ち寄り、日本語で説明を聞きながら、お茶を飲みました。「養身茶」と書かれた説明書きには、10種類の茶葉名が書かれてあり、それぞれに効能がうたわれていました。10種類も飲むことが出来ないので、その中から「甜茶(急性慢性鼻炎、花粉症、眼病蓄膿症、美容など)」と「黄仙(便秘、腹部膨張、痔病、消化不良など)」を飲ませてもらいました。最終的に、このお茶を飲んで、気に入ってくれたら買ってくれという内容の物だったのですが、無理に買う必要は無かったので、お茶だけ飲んで出てきました。

070520-5.jpg


今日のランチは、小籠包です。「南翔饅頭店」という有名店に行きました。
Wちゃんのご両親の配慮で、既に予約をしていたから良かったのですが、有名店だけに観光客で長蛇の列。1階は、持ち帰り専用(その場で食べても可)で、そこそこのお肉を使用。
2階は、良いお肉を使用。3階は、良いお肉+蟹味噌入り。
という階層によって、内容も異なるという店になります。
私たちは列に並んでいる人たちの脇を通り過ぎ、3階の個室に通されました。
この店は、小籠包だけでなく、肉まんにストローを刺して中の肉汁を吸うものや、野菜の炒め物、松茸のスープなどもありました。アツアツの小籠包は、本当絶品!美味しいっ!美味しすぎます!

070520-6.jpg

070520-7.jpg

070520-8.jpg

070520-9.jpg


いろいろ食べて、お腹もいっぱい♪
また上海に行く機会があれば、絶対にまた行きたい所になりました。

午後はお買物。
浅草の仲見世のような雰囲気で、ここでは価格交渉が必要になります。
私たちは人数が多いので、何班かに分かれて、それぞれに中国語の出来る人がついて動くことになりました。私は、母と叔母らと一緒に、Wちゃんの案内で見て周りました。
シルクのパジャマ、パンダのおもちゃ、ストラップや携帯ケース、お菓子など、お土産になりそうな物をチョイス。その都度、Wちゃんが価格交渉をしてくれました。
ここでは、言い値で買ってはいけません。ある程度、相場を知っていなければなりませんが、Wちゃんのお陰で、言い値の半額以下まで下がりました。

とある店先(露天)で、かわいい女の子が、私に少しの日本語を交えて話しかけてきました。
見ると、かわいいビーズの小銭入れがあり、パンダ柄がとても気に入ってしまいました。
32元(約480円)と書かれてあったのですが、安くしてくれと交渉し、10元(約150円)にまでなりました。なんだかここまで安くしてしまうと、少々気の毒に感じたので、何種類か買ってお土産にすることにしました。よく見るとこの女の子、子供の頃の安達祐実ちゃんに似てました。

070520-10.jpg

070520-11.jpg


分かれた皆と再度集合し、次に新天地に向いました。
前々日、前日と見て周っていたので、今度は目星をつけた物を買いに行くことにしました。
残念ながら、新天地では値切ることが出来ませんが、キレイで新しいデザイン感覚の物を買うことが出来ます。「シンプリーライフ」という所では、デザイン性の高いクッションカバーやテーブルセンターなどが揃っていました。私はここで、携帯用ジュエリーケースとパンダのぬいぐるみを買いました。

070520-12.jpg

070520-13.jpg


「瑠璃工房」という店では、瑠璃(ガラス)の置物が売られていました。
ひとつひとつのガラス細工に、それぞれ意味が込められていて、ひとつひとつ色も違います。
私はそこで、豚に羽が生えていて空を飛んでいる置物を買いました。
英語と中国語で書かれたカードには、こんな言葉が書かれてありました。
(Wちゃんに訳してもらったのですが、たぶんこんな意味だったと思います。)

「自分の運と幸せと望み続けなさい」
いつも幸せを望み続けなさい。
この飛んでいる子豚のように、心配や重荷を解き放ちなさい。

070520-14.jpg


従兄弟とWちゃんが買ったものは、ピンク色の豚さんの体に、中国で昔使われていた古銭の模様がビッシリ描かれたもので、「お金が貯まりますように」という意味らしいです。うちの弟夫婦の所には、甥っ子のために、広げた本の上に犬が乗っているもので、「本を読むと賢くなりますよ」という意味合いのものにしました。

値段は決して安くはありませんでしたが(私たちが買ったもので2〜3万円位)、旅行の思い出に大切にしたいと思っています。この店の美術館が近くにあるというので、行くことにしました。美術館では、中国語のガイドさんが話してくれた内容を、Wちゃんが通訳してくれました。私たちが買ったような、豚や犬などのかわいい置物のイメージではなく、美術館では仏像を中心とした作品が多数展示されていました。

上海での最後の夕食は、「梅龍鎮酒家」という店で、四川風の中華を頂きました。
このお店の料理は、日本人向きの味で、どれを食べても美味しかったです。

070520-15.jpg


今夜はこれから楽しむことがいっぱいです。
「上海雑技団」を見に行ったのですが、なんとリッツカールトンに併設されている劇場で行われていたのです。仮設テントのような所でやるのかと思っていたのに、これには驚いてしまいました。内容も凄かったですよ。リボンのような物で宙を舞ったり、脚立の上に置かれた揺れている台に、竹馬に乗った女性が口でたくさんのキャンドルを灯していたり、イスを使った大人数の逆立ちの状態での倒立をしたりと約1時間30分程度の内容でしたが、存分に楽しめることが出来たし、写真を撮ってもOKでした。

070520-16.jpg

070520-17.jpg

070520-18.jpg


雑技団を見終えた私たちは、次に「ドラゴンフライ」という店に行きました。
私たちはここで、旅行の疲れを癒すため、足ツボマッサージや中国式指圧などを体験してきました。今日は一日歩き回ったので、足ツボマッサージが何よりものご馳走です。
方向音痴のSさんの車に乗ってしまった私や母は、もう1台の車に乗った叔父達よりも随分後になって到着しました。

部屋に通されると、あたりは真っ暗。
イスに横になるのにバタバタとしていたら、「シーっ」と言われてしまいました。
このお店では、暗く静かな雰囲気の中で、マッサージで心と体を癒すことをコンセプトとしているようでした。

まず足をお湯につけて温めている間、首から肩にかけてを軽くマッサージ。
ほえ〜とした後は、足にオイルをつけてマッサージ。痛くはありません。
疲れた足を丁寧にマッサージしてくれたお陰で、終わった後は随分軽くなりました。

ここで大笑いした出来事がありました。
叔父と従兄弟らは、中国式指圧を体験したのですが、普段マッサージやエステなどに行った経験が無い叔父達は、ベッドにうつぶせにならなくてはならない所、仰向きの体制で指圧されるのを待っていたそうで、担当の女性に笑われてしまったそうです。何を勘違いしたのでしょうか?

ホテルに戻ってからは、帰国のための荷物整理です。
うちは、今回一緒に来れなかった叔母の家族や、義妹のお母さん、祖母などに買ったお土産をたくさん買い込んでいたので、トランクはパンパン。
手荷物用のバッグにも詰め込んで、もうこれ以上入りきれない程になってしまいました。
なんとか荷物整理を終えて、就寝。
今日は、買物したり、食べたり、遊んだり、癒されたりといろんな事をした一日になりました。
posted by あいしぇ at 00:00| あいしぇ日記

2007年05月19日

上海結婚式事情

上海2日目の今日は、従兄弟の結婚披露宴の日です。
中国では、結婚披露宴は夕方から行われるのが一般的なので、私たちも時間まで新天地に行くことにしました。昨晩の風景とは一変し、静まりかえっています。

070519-1.jpg

070519-2.jpg

070519-3.jpg


あちこちの店に立ち寄り、いろんな物に触れてきました。
昼は、新天地のカフェで簡単に済ませ、私たち女性陣と従兄弟は美容院に行くことになりました。
上海の美容院初体験です。
日本と違うのは、シャンプーする時に、顔にタオルを被せないこと。
だから、水しぶきが顔にかかるのは仕方がありません。
だけど、伝統あるホテルに入っている高級美容院を選んだにも関わらず、料金はかなり安かったです。シャンプーブローだけでしたが、技術も二重丸でした。

披露宴が行われた場所は、宿泊しているホテルから少し離れた場所にあるホテルだったので、またまた分乗して向いました。
私と母と叔母は、ミニバンに乗りこみ、他の人達はSさんの車に乗り込みました。
私たちが到着して、Sさんの車を待っていたのですが、待てど暮らせどなかなか来ません。
20〜30分程待ったでしょうか?やっと到着。
Sさんはかなりの方向音痴らしく、迷ってしまったそうです。

披露宴の控え室に入ると、Wちゃんの親戚らしき方々が数名来ており、とりあえず会釈、とりあえず笑顔でご挨拶しました。一人のおじさんが、話しかけてきたのですが、中国語が出来ない私たち。Wちゃんも、Wちゃんの家族も、Sさんもいないので、通訳してくれる人がいません。
よくよく聞くと、英語も取り混ぜて話してくれているのですが、英語も無理。
従兄弟の一人が、英語と中国語と日本語が載っている本を持ち歩いていたので、その本から読み上げてもらったりしていました。身内で写真を撮り合ったりしていたら、続々とWちゃんの親戚が入ってきました。

日本の結婚式の時にいらしていた方もいたので、とりあえず会釈、とりあえず笑顔でご挨拶。
私の中で出来る中国語と言えば、「ニーハオ(こんにちは)」と「シェシェ(ありがとう)」のみ。
この2つの単語だけで、乗り切るしかありません。

披露宴の時刻になっても、会場に通される気配がなく、どうしたのかと思っていたら、とんでもないことになっていました。
Wちゃんのお母さんは、ホテルに向うのにタクシーで来たのですが、Wちゃんのウエディングドレスや自分が着替えるドレスをタクシーのトランクに乗せてしまい、降りる時に慌てていたので、トランクから荷物を取るのを忘れてしまったのだそうです。
上海のタクシーは、個人タクシーが多いらしく、また領収書を貰わなかったので、捕まえる手立てが無いのだといいます。ましてや座席ではなくトランクなので、運転手が次にトランクを開けるまで、そのままになってしまうだろうとの事でした。
娘の晴れ姿を皆に見てもらいたいと思っていたのに、こんな事になってしまい、Wちゃんのお母さんが気の毒でなりません。Wちゃんのお母さんの親戚の方から、チャイナドレスを貸してもらい、Wちゃんのお母さんはそれに着替えることになりました。花嫁であるWちゃんは、たまたま着てきた他に何着か用意をしてきたので、日本で買ったスーツで登場することになりました。

新郎新婦も揃った所で、控え室に集まった人たちで記念撮影をすることになりました。
何人位いたのかな?30人以上はいたと思いますが、イスを並べ、配置を決め、私たちも加わることになりました。私たちは最前列のイスに腰掛けることが出来たのですが、肘掛のついた重々しいイスに、母と私が一緒に座ることになり、片足を浮かせた状態で、体を斜めにしなくては体勢が保てません。しかも、イスの肘掛部分には、Wちゃんの親戚の子供が腰掛けてきたので、窮屈そのものです。とにかく写真に納まるように、皆で体を寄せ合って写真を撮りました。

やっと披露宴の始まりです。
しかし、ここは上海。会場に集まった人たちは総勢150名。
私たち日本人よりも中国人の方が圧倒的に多いです。
しかも、聞けば本人の知り合いというより、両親の知り合いの方が圧倒的に多い。
私達、親族はステージから遠い席だと思っていたのに、何故か1番前の最前列。
司会進行も、中国語が基本となります。
新郎、新婦の入場時は、大きな筒状のクラッカーで祝福し、ステージに上がると、次は偉い方のご挨拶。次に新郎、新婦が向き合い、キスして抱擁。
それから来賓挨拶となります。
Wちゃんの仕事の関係で、数名の日本人も来ていました。
この時ばかりは、中国語と日本語の両方で進められていきます。
だから、挨拶に通常の2倍時間がかかりました。

ケーキ入刀、お色直し、キャンドルサービスがあったりと、日本の結婚式とほぼ同じ内容で進行していきましたが、ケーキ入刀やキャンドルサービスなどは、日本ではシャッターチャンスとしてカメラを持ち寄った方々が前に出て、やたらと写真を撮りますが、こちらではごく一部の方しか写真を撮っていませんでした。花束贈呈の後、新郎新婦の挨拶。
はあ〜終わった〜。隣にいた叔母も、これで終わったのだと思っていたようですが、どうやら違っていたようです。

何故か新郎、新婦が私達のテーブルに着いています。
披露宴に来た人達も、帰る人はほとんどいません。
この状況から察すると、これからまだ宴ってこと?
お色直しなどの時間もあったので、宴の時間はあった訳ですが、これだけではまだ足りないようです。

気がつけば、私たちのテーブルの隣では、写真撮影が始まっていました。
新郎新婦を囲んで、その周りにたくさんの人だかり。
お父さん方の親戚が集まって記念写真。
お母さん方の親戚が集まって記念写真。
お父さんの知り合いの人が集まって記念写真。
お母さんの知り合いの人が集まって記念写真。
・・・・・・。
新婦であるWちゃんも知らない人もたくさんいるらしく、知らない人だけど一緒に記念写真。
その都度、Wちゃんのご両親が、私たちにいろいろな方を紹介してくれたのですが、一度ではとても覚えきれません。覚えている限りでは、Wちゃんの小学3年生の時の担任の先生だとか、お母さんの学生時代の同級生だとか様々。

写真を撮り終えた方々から退場していき、やっと数える程度の人数になってきた所で、一緒のテーブルについていたご両親それぞれのお母さん(Wちゃんからすれば、おばあちゃん)が帰るとの事で、握手をして挨拶をしました。
相手がおばあちゃんだからと、こっちも気を抜いていたのですが、おばあちゃんは、83歳であるにも関わらず、もの凄い握力。指が交差してしまう程の力の入れようでした。
先程、控え室で記念写真を撮った時に、私の隣で肘掛に腰掛けた女の子と目が合ったので、ニコッと笑顔を向けて、お別れの挨拶と握手をしました。とてもかわいい子でしたよ。

この写真撮影に何時間かかった事でしょう。
ホテル側も、何時間も居座る私たちに早く帰れと言わんばかりに、テーブルが片付けられ、ステージが撤去されていきました。残されたのは、私たちのテーブルだけ。
ステージ裏の壁が取り払われると、奥には、もう一つ部屋がありました。

一通りの写真撮影を終えた新郎新婦は、ぐったり。
Wちゃんは、食事を採っていなかったせいか、顔色が悪くなっていました。
残された私たちのテーブルについて、食事を採って元気を取り戻しました。
私たちもかなり疲れてしまったので、ご両親と新郎新婦を残し、先に帰ることにしました。

ホテルに戻り、シャワーを浴びてベッドに入ったのが2時を回っていたと思います。
上海の結婚式は、夕方から始まる理由がよくわかった一日となりました。
posted by あいしぇ at 00:00| あいしぇ日記