2007年03月29日

ファイナルコンサート

先程、2月22日〜25日の日記を一気に公開しました。
内容は「ハワイ旅行」です。
かなり長編ですが、ご興味のある方は是非読んでみて下さいね。

やっぱりハワイでしょ♪(珍道中のはじまり)
やっぱりハワイでしょ♪(ハワイは意外と寒かったの巻)
やっぱりハワイでしょ♪(美しいビーチで難破船?の巻)
やっぱりハワイでしょ♪(甥っ子へのプレゼントの巻)
やっぱりハワイでしょ♪(オアフ島観光案内の巻)
やっぱりハワイでしょ♪(カクテルもアメリカンサイズの巻)
やっぱりハワイでしょ♪(飛行機の中は退屈だ〜の巻)

さて、次は29日の日記です。
今日は、オーボエ奏者の「宮本文昭氏」のライブに行ってきました。
場所は、上野にある東京文化会館。
上野公園は花見真っ盛りで、大変賑わっていました。

実は今回のライブは、宮本氏がオーボエ奏者としての引退を決意してのファイナルコンサートだったんです。当初28日だけのライブでしたが、チケットはすぐに完売。
29日に追加公演をやる事になりました。
従姉妹(りささん)にチケットを取ってもらい、なんとか入手することが出来ましたが、座席はなんと4階席になってしまいました。

会場に着くと沢山の人で賑わっています。
4階席は、ホント目が眩むような高さ。
ここから落ちたら死んでしまいそうです。
周りを見渡すとほぼ満席!

私は宮本氏の単独ライブは初めてになります。
初めてのライブが最後のライブというのは、なんともお粗末な感じではありますが、癒し系でお馴染みの「イマージュ」のライブでは時折出演されていたし、年末に行ったクラシックコンサートにも出演されていたので、何度となく拝見していました。

オーボエって楽器自体、私にはあまり馴染みのない楽器でしたが、その音色はノスタルジックとでも言うのでしょうか?異国情緒を感じさせるような音色です。
クラシック音楽だけでなく、ジャズや和楽器(琴、三味線、鳴り物、尺八とか)とのコラボレーション、はたまた幻想的な音楽にもなってしまうその幅の広さに圧倒されました。

宮本氏の音楽の中で、宮本氏の名を知らない人でも耳にした事がある曲と言えば「風笛」でしょうか?NHK連続テレビ小説「あすか」のメインテーマ曲になっています。
この曲を聴くと、気持ちの良い一日が送れそうな気分になります。

さてライブの内容ですが、18時30分に開演し、終わったのがなんと22時30分。
実に4時間もの間(途中15分の休憩はありましたが)、ずっとステージで吹き続けるそのパワーたるもの凄いものがありました。

オーボエ奏者としての引退は、とても残念ではありますが、宮本氏として節目を迎えたのだと言っていました。これだけで終わりたくない、違うことにもチャレンジしてみたい、そんなハングリー精神の塊のような方なのを初めて知って、ますます興味がわいてきました。

ゲストの方々も多数出演されていました。
和楽器とのコラボレーションは、とても不思議な感じでした。
琴や三味線、尺八といった和楽器(邦楽器)とオーボエが織り成す音色は、なんとも絶妙な味わいがありました。

「世界の車窓から」の音楽を作った溝口肇氏は、かなり男前だという話しだったのですが、4階席からは遠くて顔を確認することが出来なくて残念。

私が好きな鳥山雄司氏も出演され、「世界遺産」のメインテーマである「ソング・オブ・ライフ」を宮本氏と協演されました。

どれをとっても素晴らしい内容で、大満足のライブでした。

    

 
posted by あいしぇ at 00:00| ライブ日記

2006年04月28日

ライブと従姉妹のおもてなし

お久しぶりです。
GWに入ってからもなお、毎日がドタバタと過ぎて行きました。
後半戦突入という事で、おろそかになっていた日記をまとめて大放出!
まずは、28日〜29日の日記からスタートです。

この間の土曜日に会社の研修があったので、今日(28日)は代休を取りました。
この日に代休を取ったのは、従姉妹のりささんと一緒にライブに行く事にしていたからなんです。
PYRAMID」というジャズフュージョン系のバンドなんですが、ご存知ない方の方が多いかな?
ピアノ(和泉宏隆さん)・ギター(鳥山雄司さん)・ドラム(神保彰さん)3名によるバンドグループです。
私は以前より鳥山雄司さんのファンだったので、今回のライブをとても楽しみにしていました。

癒し系CDでお馴染みの「image(イマージュ)」から始まって、毎年行われるライブ・イマージュ、葉加瀬太郎さんのライブなど、従姉妹のりささんとはよくこの類のライブに一緒に行く事が多いです。今回は私の方から声を掛けて、彼女を誘いました。
ライブ自体は夜からなんですが、その前に整理券が配られて、先着順に好きな席に座る事が出来ます。場所は六本木にあるSTB139
何回か通っていますが、オシャレな外観、美味しい料理に、良い音楽と3拍子揃った所なので、気に入っています。

午後1時に現地に到着。
整理券が配られるのが午後3時からなので、まだ2時間はありますが、先着順なので列に並ぶ事にしました。既に何組か来ている人がいます。ざっと見た感じだと、4〜5番目かな?って所でしたが、狙っている席があるので、何気に人数を数えたりしていました。
並んでいる間、私はひとり・・・何もする事がありません。
持ってきた本を取り出し、読み始めることにしました。

「反」ダ・ヴィンチ・コード

この本は、あの「ダ・ヴィンチ・コード」はインチキだらけだ!と反論した内容の本なんですが、「ダ・ヴィンチ・コード」を読んだ読者としては、ちょっと気になるのでつい買ってしまった本になります。

いつもだったら、あっという間に時間が過ぎていくのだけれど、本を読んでも読んでもついつい時計ばかり見てしまう始末。おまけに立ったままの体勢だから足も疲れてきます。
こんな調子だから、本も集中して読めない・・・。
おまけに昼ご飯も食べてなかったからお腹も空いてきました。

ようやくではありましたが、時間よりも15分程早く整理券が配られ始め、私は5番目に入る事になりました。整理券は取ったけれど、これからライブまでの時間をまた潰さなくてはなりません。
とりあえずは腹ごしらえ。ファーストフード店に入る前に、雑誌を何冊か購入。
これで時間が潰せますっ。

買った雑誌は、ワンコ関係のものばかり。
GWに1泊でワンコ達を連れて旅行に出かける事にしていたので、そのための下準備用です。
購入した雑誌は、こちらです。

わんことプチ旅行(2006 summer) 愛犬と行くリゾート ペットとおでかけ(首都圏から ’06〜’07) ペットとおでかけ(関西・東海・中国四国 ’07)

こんなに大量買いしてしまいました。
だけど、この関連の雑誌増えましたよね〜。
ペットも大事な家族の一員。ペット産業市場もすごく大きくなっているらしいですよね。
まずはパラパラとめくりながら、行き先の確認。
ドッグラン・ドッグカフェ・グッズショップなど目星を付けてた時に思い出した。
この近くにショップがあったんだ〜♪

っていう事で、「ドッグフォレスト六本木店」に行く事にしました。
「STB139」からも近いし、ギリギリまで時間潰しするにはもってこいの場所です。
おまけにここはカフェもあります。
さすがに六本木という場所だけあって、置いてあるものがなんとなく高級志向。
だけど、ティアラのためにおやつやおもちゃなどを買ってしまいました。
ついでにカフェでお茶も飲んできました。
オープンカフェなので風が吹いていてちょっと寒かったけれど、なんとか時間を潰す事が出来ました。

整理券を配られた順番に入場が出来るようになっているので、時間よりも少し前に到着。
番号を呼び出されるまでテラスで待機しています。
「PYRAMID」のライブに何回か行っていますが、何度かお見かけした事のある方もチラホラ。
番号が呼び出されて並んでいたら、従姉妹が到着しました。
従姉妹は会社帰り。今日はボスが出張でいないから早めに帰ることが出来たんだそうです。

午後6時オープンと同時に整理券1番の方から入場し、席を確保。
私たちもそれに続き、狙っていた席に向かいました。
私たちがいつも狙う席は、ステージ正面ではなく端っこの方なんですが、そこは正面の席と違ってステージと同じ高さにあるので、目線が丁度いいんです。
おまけに、ステージに一番近い所だから、かぶりつきで見る事が出来ます。
難を言えば、ドラムの近くという事もあって、かなりの大音量だという事位かしら?

ステージ開始は7時半。それまで、ディナータイムです。
従姉妹とパスタやピザ、お魚料理などを食べたり、お酒を飲んだり、おしゃべりをしながら過ごしました。時間になって、ステージ開始です。
案の定、ビックリする位の大音量で演奏が始まりました。

ジャズフュージョンってどんな曲なの?というと、私なりの解説になりますが、車を走らせている時に聴く音楽としてはピッタリって感じかな?
海沿い・街中・高速道路なんかをドライブしながら聴くととても気持ちがいい感じです。
アップテンポでリズミカルな曲もあるし、しっとりと落ち着いた感じの曲もあります。

神保さんのドラムさばきは圧巻です。素人の私でも、凄いな〜と感じる位。
日本のフュージョン・バンド・ブームの火付け役カシオペアの元ドラマーで、日本の最高峰ドラマーとして君臨しています。
和泉さんはピアノもさることながら、M.Cもピカイチ!何かと笑わせてくれます。
スクエアのキーボード奏者として人気を博し、脱退後もアレンジャー、コンポーザーとして大活躍。
現在も日本でNo.1のキーボード奏者として君臨しています。
そして、鳥山さんのギターは言うことありません。素敵過ぎますっ。
80年代に孤高のロック系クロスオーヴァー/フュージョン・ギタリストとして一躍ブレイクし、当時のギター・キッズ達のカリスマ的存在として人気を博し、その後アレンジャー、プロデューサーとしても数多くのヒット曲を手掛けています。
TBSの『世界遺産』のテーマ曲の作曲家だと言えば、知る人も多いことでしょう。
ギターの腕はもちろんのこと、鳥山さんが奏でる調べがとても上品に聴こえるのは何故だろう?
個人的には、ギターを弾いている鳥山さんの姿にホレてる私です。
眉間にシワを寄せたり、仲間同士ニコッと笑顔を交わしている瞬間とかは特にね。

今回は、↓のアルバムの曲以外にも6月に発売予定のアルバムから数曲演奏してくれて、ファンにとっては(早く欲しいっ)と言いたい気分になりました。

ピラミッド

この3人、高校時代からのバンド仲間なんですが、だからかとても和やかな雰囲気だし、息もピッタリです。5月末には鳥山さんのソロライブも予定されているし(もちろん行きます)、7月には「PYRAMID」の新作アルバムのホールライブも予定(これにも行きます)。
これからもますます楽しみです。

ライブが終わり、今夜は従姉妹の家にお泊り。
最近、会社の近くに引っ越しをした彼女の家のマンションは、東京タワーが窓から眺めることが出来る眺望抜群の環境にあります。すっごく羨ましいです。
お風呂に入って、フカフカのベッドに入ってゆっくり休ませてもらいました。

次の朝、誰かに起こされる訳でもなく起きた私は、ダイニングに行ってビックリ。
従姉妹が早くに起きて、私のためにお昼ご飯(朝食でないところが我が家流)を作ってくれていました。外はあいにくの曇り空だったけれど、テーブルの上は朝日がサンサンと輝いているようでした。
「うわっ!すご〜い。作ってくれたの?」と言ったら、「簡単だったんだよ。」と照れくさそうに話す彼女。料理はどれもと〜っても美味しかったです。

060428-1.JPG
↑エビとアボガドのサラダ・ハッシュドビーフ・オレンジ・ミネストローネ


パソコンを買い替えたのでi−Podに入れてた曲を新しいパソコンに移行させたいというので、お礼にと言っては何ですが、移行作業をやってあげる事にしました。
その間、従姉妹はケーキを作っていました。
ガトーショコラを作るんだって。美味しそうな香りが部屋中に広がっていました。

案外沢山の曲を入れていたので、思ったよりも時間がかかってしまったのですが、夕方には作業を無事に終える事が出来ました。
そして私は帰り支度。
私が帰ってしまうことにちょっぴり寂しそうにしていましたが、また5月末の鳥山さんのライブの時に会う予定です。次回は母と叔母も加わってマンションに泊まる事にしているので、賑やかになる事でしょう。本当、お世話になりました。
posted by あいしぇ at 00:00| ライブ日記